2018年12月08日

第441回 ①Avicii追悼プログラム ②1万時間で100人の1人になれ

①テクノ・ハウス系ミュージックアーティストでありカリスマ的DJだった「avicii(アヴィーチー)」が今年4月に亡くなったため、b-monsterではその追悼プログラムを企画、実施中。ものすごくノリのいい楽曲たちで、ボクササイズにぴったりすぎる。僕と年齢も近かったのに、彗星のごとく逝ってしまったのか。佳人薄命とはよく言ったものです。
②「1万時間かければ、100人に1人の人材になれる」とはホリエモンの言です。100人に1人になる分野を3つ作れば100の3乗で100万人に1人の人材になれる。本当の天才なんて一握り、だったら凡人はコツコツ積み上げていくしかない。(でも5分の番組やってるだけなら12万回……)

posted by 八ッ橋佑規 at 22:51| Comment(0) | おつかれカッチン放送(OKKH) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第440回 ①和歌山の『加太線』乗ってきました ②努力しないと忘れてしまう

①大阪から特急サザンで和歌山市までぶらっと行って、加太線乗り放題、『さち』『かい』という観光列車も乗りつつ、クソ寒いなか冬の海も見つつ、ひとり旅満喫してきました。今度は誰かといきたいな……(笑)
②Mr.Childrenの歌で「人は悲しいくらい忘れていく生き物」という歌詞がありますが、時間が空いてしまうと本当にダメ。ぽっかりと穴が開いたように人の名前を忘れてしまって。一番悲しかったのは僕が名前を忘れてしまった人だと思うけど。。ごめんね。

posted by 八ッ橋佑規 at 01:33| Comment(0) | おつかれカッチン放送(OKKH) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする