2019年02月28日

第495回 ①出会いと別れの件 ②『恋は雨上がりのように』の件

①JOANAさんという、b-monsterでお世話になったパフォーマーさん(インストラクターさん)が大阪に一時的ですが異動になってしまいます。JOANAさんのおかげでb-monsterに入ることになったので、本当に感謝しかないです。しかしながら、やはり出会いがあれば別れもある、ずっと同じ環境が続いていくわけではない、それを実感しました。
②『恋は雨上がりのように』の映画を観る前に、漫画原作を先行して読みました。ただの、オッサンが好きな女の子の話ではなかった。陸上競技をやっている最中に突如アキレス腱を切る不幸に遭い、大好きだった陸上部のみんなと気持ちが離れてしまうけれど、ある日ファミレスの店長の近藤さんの優しさに触れ、心を開くようになる。。人間関係も丁寧に描かれているし、、何より画がキレイなんですよ……。早く最終巻読まなければ。



posted by 八ッ橋佑規 at 23:42| Comment(0) | おつかれカッチン放送(OKKH) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おつかれカッチン放送 第494回 ①②『トットの欠落帖』

①②トットちゃん=黒柳徹子さんの著書です。このエッセイ、よくよく読んでいくと、黒柳徹子さんは意外と「死線や修羅場をくぐり抜けてきた」方なんだということが分かります。ご自身が「ちょっと抜けているな」というところから招いたことなのかもしれませんから「欠落」なんて言葉で自虐されていますけど、徹子さんのセンスがいかんなく発揮されていてびっくりするとか、思わず笑っちゃうシーンもあります(そんなシーンなのに本人はマジメな文体で書かれているからまた笑っちゃう)。そんな欠落があったとはまるで思わせない本人の今の姿ですが、あの徹子さんの裏にはこんな人生があったのだと知れる貴重な本です。

posted by 八ッ橋佑規 at 00:00| Comment(0) | おつかれカッチン放送(OKKH) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

第493回 ①アドリブ力=語彙力の件 ②海パワー??の件

①今日はアナウンススクールがあり、生徒の前でイベントMCの練習をやってみました。アドリブ力を鍛える、ということでしたが、こういうアドリブでやれって言われたときほど、人間の素が出るものでして。ちなみに僕はフラフラ歩きながら考えながらしゃべっていたようで「気になっちゃって話を聞けなくなるよ」と指摘されました。。まぁあとはとにもかくにも、語彙力が無いと言葉が紡げない。
②海に行って海水をガブガブ飲んだおかげかわかりませんが、海に行った後、声がすごく低めの響きのある感じになった気がしています。あとは頭髪の調子がなんだかよい(これは気のせいかもしれないけど)。でも、海に行くというのは非日常体験なわけでして、少なからず体に良い影響を与えてくれるのではないかと期待しています。

posted by 八ッ橋佑規 at 00:34| Comment(0) | おつかれカッチン放送(OKKH) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。