2019年03月03日

第498回 ①『下意識』をコントロールする、の件 ②「自分を演出する」ことの必要性の件

①今日はZIP-FMのナビゲータースクールの最後のスタジオ収録でした。しかし今までの自分の実力が発揮できたとは正直思えません。。これに対する先生のアドバイスは自分の「下意識」(言い換えるなら「潜在意識」)をコントロールすることが大事だということでした。ミスるんじゃないか、自分はそんなにはできない人間だ、そうやって刷り込まれているとやっぱりミスる。しかし、ミスしてもこうやったら乗り切れる人間なんだ、という経験を積み重ねれば、それが書き変わっていくから頑張れと激励していただきました。……自分の下意識とはうまく付き合っていきたいものです。
②もう一人の先生からは「自分を演出する」ことの重要性を伝えられました。僕は結構、ミスった……とかいう感情が顔にも所作にも出てしまう人間でして。ただ、そうすると一緒に仕事している人は不安になるし、一緒に仕事して楽しいとは思えなくなる。全然周りには自分のミスはそれほど伝わってないし、もっと堂々としておけ、そして「マイクの前の自分」を作り込め、というアドバイスでした。僕には「自然体」という言葉は当てはまらないのかもしれませんね(笑)



posted by 八ッ橋佑規 at 23:37| Comment(0) | おつかれカッチン放送(OKKH) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第497回 ①『新海誠展』の件 ②『翔んで埼玉』の件

①名駅の高島屋のZoffでメガネを買ったら、『君の名は。』でその名を轟かせた新海誠監督の手掛けた作品を一挙に知ることができる『新海誠展』の招待券をもらいまして。3月3日(日)が期限だったので終わっちゃう前に観に行きました。ひとりの監督の作品を追っていくと、デザインの変遷とか、象徴的に用いられるモチーフとか、一連の作品に通底する感覚とか、そういったものがよく分かります。非常に味わい深い、そして作りこまれた展示会でした。
②GACKTと二階堂ふみが主演する『翔んで埼玉』の原作を先に読みまして。いやぁ、魔夜峰央先生、さすがの描き込み。パタリロ!で有名な、少女漫画的描き込みがハンパない先生です。埼玉県民や茨城県民をこれでもかとディスりまくる恐ろしい発想で描かれた漫画です。しかし先生自身は新潟県出身ということで、痛烈な自虐ネタ、というわけでもない。ここまでディスるその理由が知りたくなります。そして映画観たい。

posted by 八ッ橋佑規 at 00:32| Comment(0) | おつかれカッチン放送(OKKH) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。