2019年01月15日

第469回 ①NHK『平成ネット史』の件 ②森見登美彦『熱帯』の件

①平成はインターネットの進化の時代。Windows95が発売されてからインターネットが爆発的に普及しました。八ッ橋が初めてケータイを持たせてもらったのは高校1年の時。真っ白い、液晶がちっこいやつでした。番組中の懐かしい映像と共に思い出が蘇ってきました。
②『熱帯』という小説を巡る物語なのですが、とんでもなく入れ子構造になっていて、どこからどこまでが本当の『熱帯』という小説なのか分からなくなって混乱します。本当の終わりはどこなのか、果たして読み手の人生が終わるまで、この物語の終わりは訪れないのか。。



posted by 八ッ橋佑規 at 23:08| Comment(0) | おつかれカッチン放送(OKKH) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。